教育方針

【令和2年度 教育方針】

 

豊かな心を培い、夢に向かって、主体的・創造的に活動する子どもの育成

 

 

 

めざす教職員像

 

・授業を大切にし、授業改善に努める教職員

・向上心と使命感をもち、互いに協力し合う教職員

・子どもから信頼される教職員

 

 

めざす児童像

 

 ・自ら学び、よく考える子ども

 ・思いやりの心、感動する心を持つ子ども

 ・体をきたえ、たくましく生きる子ども

 

② 重点目標

1 主体的に自分の考えを形成し、表現する力を育むための授業の工夫。

2 子どもたちの学習習慣の確立を図る。

3 子どもたちの考えが生かせる場面を設定し、主体的・創造的に活動できる力を育てる。

4 心の教育(一人一人を大切にする人権教育)の深化と充実。

5 地域人材の活用、地域での体験活動の推進。

6 校内研究、職員研修の充実、業務改善と働き方改革の推進

 

具体的方策

 

1 主体的に自分の考えを形成し、表現する力を育むための授業の工夫

 ・外国語に関する校内研究に取り組み、主体的に自分の考えを形成し、表現する力を育てる。

 ・児童司会による授業、主体性を育む単元構成の設定

 ・全教育活動の中で、言語活動を充実させる。

 

2 子どもたちの学習習慣の確立を図る。

 ・新学習指導要領の実施に向けて、教科横断的な汎用的な能力を育成する時間の確保

  学習内容の定着のための復習の時間

 ・家庭学習の習慣化

 ・けじめのある生活態度とがまんする心の育成、規範意識の醸成に努める。

 ・ICTの効果的な利活用の推進

 

3 子どもたちの考えが生かせる場面を設定し、主体的・創造的に活動できる力を育てる。

 ・児童の考えを生かし、自主的に活動できる場面の確保

   学校行事における実行委員会、全校朝会等の司会進行

 ・主体的・創造的な活動のための適切な指導

 

4 心の教育(一人一人を大切にする人権教育)の深化と充実

 ・異学年での活動(のびのびタイム、のびのび掃除)の推進。

 ・Q-Uを活用し、一人一人の個性を伸張する学級経営を行う。

 ・自己肯定感を育み、自分を大切にする子どもの育成に努める。

   おひさま朝会、わくわくタイムの実施

 ・いじめのない楽しい学校を目指すため、児童の実態把握に努める。

   ともだちアンケートの実施

 

5 地域人材の活用、地域での体験活動の推進

 ・地域人材活用の年間計画をもとに積極的に地域人材の活用

 ・地域での体験活動の推進と年間カリキュラムの作成

 ・年度末に地域の方との学習を実感できる感謝の会の設定

 

6 校内研究、職員研修の充実、業務改善と働き方改革の推進

 ・校内研究、職員研修を通じ、教師力の向上を図る。

 ・勤務時間を意識し、業務改善を推進する。能率、効率よく仕事をするために、教職員が協力し、工夫し合い職場環境の充実を図る。

 


Page
TOP