学校長あいさつ

 令和元年度                                                       
                                                    
                ごあいさつ

 

                            鳥栖市立旭小学校

                            校長  佐々木  英利

 

 鳥栖市では、「羽ばたけ、ふるさと鳥栖の未来を拓くひとづくり」を基本理念に、たくましく生きる力をもった子どもたちを育成しております。

 これを受け旭小学校では、この旭地区から子どもたちを預かり、地域の将来を担う子どもたちに育て、地域に返すという学校教育の理念のもと「旭を愛し共に学びたくましく生きる児童の育成」を目標とし、すべての子どもたちが 「学校楽しい」といえる学校の実現をめざしています。

 

 新しい時代がやってきました。「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味だそうです。令和の時代を生き抜いていく子供たちに、私たち学校と家庭は、どんな力をつけてあげなければならないのでしょう。

 もちろん教科で学ぶ様々な知識や技能も大切ですが、未知の状況に対応できるような力をつけていくことが大切です。苦しみながらも頑張って何かをやり遂げる強さや、集団で智恵を出し合い協力して目的を達成していく力など、学校生活全体の中でしか、育むことができない大切な力があります。

 2年目を迎え、保護者の皆様と一緒に子どもの将来に夢を膨らませながら、今つけなければならない力を明確にし、時にはこだわり、思い切りよく、ぶれない教育を進めていきたいと思います。

                                                                                                                                                                                                                                           
 
 
  
  
 
 
  
  


Page
TOP