学校長挨拶

         
   
 

 

校長 東福 昌勝

 

 有田工業高校定時制課程のホームページを御覧いただきありがとうございます。

 本校は、陶磁器の生産・輸出により古くから世界に知られた佐賀県西部のやきものの町、日本遺産にも認定された有田町(ドイツ マイセン市と姉妹都市)にあります。ここ有田町は、日本磁器発祥の地として400年以上の歴史を誇り、昨年度、本校は創立120周年を迎え、記念式典を行いました。校訓に「勉脩‐愛し 創り 光れ」を掲げ、生涯学び続けること(勉脩)を基本に、自らを大切にするとともに他人を思いやり(愛し)、新しいことに積極的に挑戦し(創り)、社会に貢献できる人間になること(光れ)を目指しています。

 本校の定時制課程は、セラミック科とデザイン科(2科1クラス)があります。多くの生徒が特色ある専門教育に勤しみ、ものづくり、資格取得、部活動に励んでいます。また、全国的にもめずらしい聴講生制度(窯業コース、デザインコース)もあります。昨年度の卒業生は、地域の企業にも多く就職し、進路決定率100%を達成しました。

 また部活動では、昨年度、新型コロナウィルス感染症予防のため体育部の大会が中止となり、活動はできませんでした。しかし、文化部は活動を続けることができ、新聞部は、定時制新聞「有工ヤッホー」が3年連続で県の最優秀賞に選ばれ、今年度は和歌山県の全国総文祭に出場します。

 本年も様々な教育活動に全力を尽くし、在校生の就労を促進して充実した高校生活となるよう、また、「地域を愛し地域から愛される有工」を目指してまいりますので、多くの方々のご支援・ご指導をよろしくお願いします。

 

Page
TOP