立腰教育

 山内東小学校では、以下のとおり「立腰教育」に取り組んでいます。

 

 ① 立腰教育のめざすもの

  ○ 主体的に取り組み、実践する子どもの育成

  ○ 品性を身に付け、人の喜びを自分の喜びとして実践する子どもの育成

 

 ② 方法

  ア 腰骨を立てる

   ◎全校立腰

    ①毎朝 職員(校長・教頭・教務・級外)による校内放送で各学級児童が実施

    ②掃除前、立腰

    ③全校集会と集会前に6年生がステージに正座して司会進行し、

     他の児童はフロア-に正座して実施

  イ しつけ三原則(「アハハのことば」)を斉唱する。

  ウ 授業中の立腰(授業のはじめと終わり、書くとき、聞くとき、

    読むときは立腰の姿勢をとる。)

 

 ③ しつけ3原則の実践

  ア 自分から進んで先に挨拶をする。【挨拶】

    ・朝の挨拶運動(職員、地域) 

    •   イ 返事は「はい。」と元気よくする。【返事】
  •   ウ はきものを揃え、椅子を入れる。【後始末】
    •     ・靴は出船型に揃えて脱ぐ。
    •     ・トイレのスリッパを揃える。
    •     ・席を離れるときは、椅子を入れる。
    •     ・使った道具の後始末をする。(学習道具、掃除道具、遊び道具など)
    •     ・給食の後始末を決まり正しくする。 
    •  
    •  ④ 職場3原則
  •   ア 場を清める
    •     ・全職員、輪番制によるトイレ掃除
    •     ・長期休業中、トイレ磨きの職員研修
    •     ・掃除の時間は、率先垂範、臨場指導を行う。
    •     ・ゴミが落ちていたら、自ら拾う。
    •   イ 時を守る
    •     ・授業や会議の時間を守る。
    •   ウ 礼を正す
    •     ・教師自ら先に挨拶。丁寧な言葉遣いをする。
    •     ・挨拶の言葉にひとことを付け加えることで、さらに心のふれあいを深める。
    •     ・呼び捨てにせず、「~さん」と呼ぶ。

 

 

 


Page
TOP