• homeHOME >
  • 教育課程(令和3)授業日数・時数/週時間割

教育課程(令和3)授業日数・時数/週時間割

 

1 学校の教育目標「粋な心で次世代を生き抜く生徒の育成」

〇【学力向上】「つまり~,例えば!?」で生徒同士の対話が広がり,個に応じた主体性が深い学びを互いに引き出す『学び合い』による学力向上(目標に向かう2つのアプローチ)

こんな子どもを世の中に送り出す
1.情報リテラシーを持つこと
2.さまざまな価値を認める力を持つこと
3.自分自身を理解して意思を伝える力を持つこと
        

・開発的生徒指導による自己肯定感の向上

・学びの3要素がみえる『学び合い』による学力向上

 

①知(確かな学力)、徳(豊かな人間性)、体(健やかな体)の調和のとれた生徒を育成する。

②将来の夢をもち、その実現のために、努力できる生徒を育成する。

③生徒会活動の活性化を図り、JRC実践目標に基づき「気づき・考え・実行する」生徒を育成する。

④教職員の意識改革と自己研鑽を推進し、指導力と豊かな人間性の向上を図る。

⑤安全で安心して学べる環境を確保し、生徒・保護者・地域から信頼される学校をつくる。

 

 

2 本校の教育の特色

①確かな学力の定着
○ 生徒の主体性を育む学習指導の充実
○ICT(情報通信技術)利活用教育の推進
○進路希望の達成

② 生徒指導の充実
○開発的 生徒指導、特別支援教育、教育相談の充実
○ 心の教育、人権・同和教育の推進と充実
○ 予防教育の充実と 情報モラル 教育 の 推進

③ 開かれた信頼される学校づくり
○ 小中連携の推進
○ 学校情報の積極的な発信と家庭・地域との連携

 

3 教育計画

(1)本年度の教育の重点

 

① 確かな学力の定着 
○ 生徒の主体性を育む学習指導の充実 
・ 「学習クラスマッチ」などの生徒会活動の充実を通して,各教科の基礎・基本の定着を図る。 
・ ALの授業実践に取り組み,「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けての授業改善・充実を図る。 
・ 全国・県学習状況調査において全教科で県・市の通過率を上回ることを目標にする。

○ ICT(情報通信技術)利活用教育の推進  
・ ICT利活用教育の推進を校内研究に位置づけ,生徒の学習意欲の向上と理解促進を図る。 
・ ICTを利活用した授業についての研修を行い,全職員がその実践に取り組み,教育効果を高める。

○ 進路希望の達成
・ 生徒自らの意志で最終の進路決定ができるように,全職員で指導・支援する。
・ 卒業後の進路は,本人の適切な判断を支援して,第1希望優先で指導を行う。
・ 正確かつ適正な入試事務を全学年体制で組織的に行う。

② 生徒指導の充実
○ 開発的生徒指導,特別支援教育,教育相談の充実
・ 開発的生徒指導による自己肯定感の向上を図り、いじめや問題行動の未然防止と早期発見に努めるとともに、発生した場合は、速やかに対応策を講じ、全職員で連携してその解決・解消を図る。
・ 教育相談担当を中心に、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、各支援員やスクー ルサポーターとともに不登校対策を進め、不登校生徒の学校(教室)復帰を図る。
・ 特別支援教育コーディネーターを中心に、インクルーシブ教育の視点に立った開発的な生徒指導を行う。

 

③ 開かれた信頼される学校づくり
○ 小中連携の推進

・ 3校連携協議会(鍋島中,鍋島小,開成小)や担当者連絡会(生徒指導,教育相談,保健指導等)の開催ほか,共同実践(あいさつ運動,相互参観,職員研修等)を通し,小中連携のステップアップを図る。

・ 児童・生徒および教職員の交流を進め,異なる校種の教育理解を深め,学習指導・生徒指導の充実を図る。

○ 学校情報の積極的な発信と家庭・地域との連携
・ 学校ホームページや学校だより等により学校情報をわかりやすく家庭・地域に伝える。
・ 学校情報メールを積極的かつ有効に発信して,危機管理と学校理解を推進する。
・ 学校と地域の双方向のボランティア活動を進め,生徒の市民性を育む。(朝読書読み聞かせ,ふるさと学習,クリーン作戦,資源物回収,地域体育・文化行事など)

 

 

(2)佐賀市の特色ある取組について

①幼保小中連携の取組○  小中が連携して習慣化を目指すこと
・ ソーシャルスキル教育の取組(T・P・Oに応じた言葉遣いなど)
・ 読書タイムの充実(9年間を見通した朝読書の取組)
・ 話の聞き方(話を聞く態度を持続できるような取組)
・ 学習習慣の定着(小学校高学年から中1への接続を考え学習指導の方策をそろえていく)
 ○ 小中学校間のスムーズな連携
・ 小学校6年生を対象とした中学校体験入学
・ 保護者対象の新入生学校説明会
・ 小学校6年生保護者会への中学校職員の参加
 ○ 小中学校の活発な情報交換
・ 生徒指導・教育相談に係る小中連絡協議会
・ 小中学校連携教育懇談会
・ 小学校6年生卒業時の新入生連絡会
・ 特別支援教育の情報交換(指導の継続を目指す)

②「いじめ・いのちを考える日」の取組
・日頃から、生命の尊重や人権を守る意識づけをあらゆる場面を通して行う。
・いじめは、相手が不快に感じたり、嫌な思いをしたりすれば、自分の考えに関係なく生じていることに気づかせる。
・例年行っている性教育講演をふまえながらいのちの連鎖、いのちの尊さを学ばせる。
・毎月1日、生徒に「生活アンケート」を実施し、いじめや困っていること等を記入させる。担任は、いじめ等の記述のある生徒に話を聞き、学年、生徒指導等で対応する。また同時に管理職に報告し、早急に対応するようにする。
・毎月1日、「生活アンケート」の実施とともに、生徒会生活委員会の活動として『いじめゼロ宣言』の復唱を各クラスで行い、人権意識の向上を図る。

 

③市民性を育む取組
 ○基本的な生活習慣の確立と,鍋島中や佐賀市民の組織に属しているという意識を育てる。
・ 中学生としての基本的な礼節を,普段から自然に行えるようにする取組を続け,将来社会人としての常識作法に資する。
・ 地域の諸団体(たんぽぽ会,鍋島班等)や2小学校区の各公民館と交流を図り,地域行事に運営ボランティアや清掃ボランティア活動、またスポーツ活動として積極的に参加させ,従来の実践につなげて発展させたい。

④「土曜授業」の取組
・ 土曜授業実施による増加時間9時間(3時間×3日)
・ 地域との連携を充実させるため,3年生で「ふるさと学習(3年生激励会)」に3時間活用する。

・ 美術教育の充実のため,スケッチ会に3時間活用する。

・ 学力向上のために,授業時間の拡充に5時間(3年生においては2時間)活用する。

・ 9月4日(土) 3時間 ①授業 ②授業 ③ふれあい道徳
・10月2日(土) 3時間 ①~③スケッチ会
・12月4日(土) 3時間 ①授業 ②授業 ③授業 (3年生激励会)

 

 

(3)指導の重点7項目

①「いのち」を守る教育の充実(安心・安全な学校づくり)
・災害避難訓練や防災訓練を行い,生徒への安全教育の充実を図る。
・定期的に,職員による交通立ち当番や交通安全についての講話を行い,生徒の登下校の様子を把握とともに,安全指導の徹底をはかる。
・外部からの講師を招いたり,ICT機器を利用したリモートによる講話等を行い,生徒の安全への意識の向上を図る。
・生徒が安心安全な学校生活が送れるように,生徒役員等協力し校内の環境美化に努める。
・職員の危機管理を高めるために,安全教育についての研修を実施する。
・各教科,特別活動及び総合的な学習の時間において道徳教育との密接な連携を図り,教育活動全般を通して道徳教育を行う。
・道徳の時間の年間授業時数を確保し,生徒の発達段階を考慮して,各学年の指導計画を作成する

②主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善(学力向上)
 ○「生きて働く主体的な学びの創造」を研究テーマに,変化の多い現代社会を,生徒たちが逞しく生き抜くために必要な力を身につけさせるための授業実践を進める。その力として考えられる資質・能力は「人と関わる力」や「言語活動に関わる力」であり, 「対話とかかわりを通して,これからの時代を生き抜く力を身につける」ため,アクティブラーニングである学び合いをさらに推進する。
・各教科における学び合いのポイントに沿った授業実践の推進
・学び合いの下支えとなる「言語活動」と「道徳の時間」に係る授業の実践
・主体的な学びの一助としてのサクセスカレンダーの活用と改善
・先進校視察や講師招聘による教師の学びの推進
・家庭学習充実のための教師の働きかけ及び家庭との連携

 

③特別支援教育の充実
・生徒一人一人の教育的ニーズに応えられる支援体制を全職員で構築し,個別の教育支援計画,個別の指導計画に基づいたチームとしての支援を行う。
・定期的に校内支援委員会を開き,職員間での情報交換や情報共有に努め,協働的な支援にあたる。
・保護者や各種連携機関など地域社会と協力し,卒業後の進路を見据えた支援を行う。

 

④生徒指導の充実
○生徒指導主事を中心として、組織的に取り組む体制をつくり、共通理解のもと開発的生徒指導にあたる。
○地域や専門の関係機関と連携してサポートチームを編制し、協力・援助を生かせる指導体制をつくる。
○毎月実施する生活アンケートやQUテスト等を活用し、個に応じたきめ細やかな指導と生徒指導の三機能(自己判断と決定、自己存在感、共感的な人間関係)を生かした授業の工夫・改善(学び合い)に取り組む。
○生徒に出番と役割を与え承認する「開発的生徒指導」を様々な場面で取り入れ、生徒が主体的に活動し、成功体験を積み重ねる中で自信を身に付け、いきいきと活動する生徒の育成を図る。

⑤人権・同和教育の充実
・生徒の実態を把握しながら、人権の保障と多様性の尊重を目指すことのできる道徳の授業を実践する。
・QUテストを活用して、学級に合った心の教育を図る。
・社会科と道徳、特活との連携による人権・同和教育の校内参観授業を実践する。
・人権集会や平和集会、情報リテラシ-に関する集会等により、人権意識を高める活動を実践する。
・外部講師を招き、教師への講習会を行い、人権・同和教育の研鑽を図る。

⑥グローバル時代に対応する外国語教育の充実
○外国語によるコミュニケーション能力は,生涯にわたる様々な場面で必要とされることが想定され,その能力の向上が課題である。外国語を通じて,言語や文化に対する理解を深め,積極的に外国語を用いてコミュニケーションを図ろうとする態度や,情報や考えなどを明確に理解したり,適切に伝えたりする力を身につけさせることを目標としている。そのため,互いの考えや気持ちなどを外国語で伝え合う対話的な言語活動を重視するとともに,具体的な課題を設定するなどして,学習した語彙や表現活動などを実際に活用する活動を充実させる。

⑦情報教育の充実
・電子黒板やデジタル教材を活用しながら生徒に分かりやすい授業を行い,興味関心を高め,生徒の学力向上をめざす。
・様々な教育活動を通して,生徒がICT機器を利活用し,情報活用能力の向上に努める。また,情報モラルや利活用スキルの向上をはかる。

 

(4)各教科等

《国語》

○ 「知識及び技能」,「思考力、判断力、表現力」を調和的に育てるとともに、「主体的に学習に取り組む態度」を育成する。
○ 『学び合い』を取り入れ、主体的、対話的な学びを工夫・展開することによって,生徒同士が意欲的に学び合うための授業づくりに努める。
○小テストや課題などを通して基礎・基本の定着を図る。
○生徒自身の考え方や生き方を広げることにつながる読書指導を行う。

 

 

《社会》

○ 『学び合い』の活動を通して,課題解決へ向けて必要な基本的知識や事実的認識、概念や技能を養う。
○多面的・多角的に学習課題に対して考察することにより、自己の視野を広げたり、新たな視点から物事を考えることができる力を育成する。
○現実の社会問題について、対話を通して折り合いをつけながら、最適解を見出そうとする市民としての態度を養う。

《数学》

○日常生活との関連を考え、身のまわりに数学があることを感じさせ、数学への関心を高める。
○『学び合い』の活動を通して、主体的で対話的な学びを展開していく。
○確認プリントや小テストなどを通して、基礎・基本の定着を図る。

 

《理科》

〇『学び合い』活動などを通して,自然の事物・現象に進んで関わり,科学的に探求しようとする態度を育てる。
〇日常生活や自然との関連を重視して,理科を学ぶ意義や有用性を実感させ,理科への関心を高める。
〇探求の過程を意識しながら,見通しをもって観察,実験などを行い,その結果を分析して解釈するなどの科学的に探究する力を養う。

 

《音楽》

○生活や社会の中にある音や音楽に反応し,心豊かな生活を営むための感性を豊かにする。
○『学び合い』活動を通して,音楽的な見方・考え方には多様性があることに気づきながら,音楽のよさや美しさについて,根拠をもって自ら聴こうとする態度を養う。
○表現活動において,自分の役割を自覚し,意欲をもって主体的に活動しようとする態度を養う。
○ICT教材の開発と機器の効果的な活用により,音と同時に視覚的にも音楽を味わう力をつけさせる。

 

 

《美術》

○造形的な視点について理解させ、意図に応じて自分の表現方法を追究して創造的に表す力を身につけさせる。
○自然や美術作品の美しさや表現の意図や工夫、機能性と美の調和などの美術の働きについて『学び合い』を活用して、美術文化に対する見方や感じ方を深めさせる。
○主体的に美術の活動に取り組み創造活動の喜びを味わい、美術を愛好する心情を深め、心豊かな生活を創造していく態度を養う。

 

《保健体育》

○ 運動やスポーツを文化として,自らの生活に取り入れることができる力を育てる。
○ 自ら学び考える学習を目指し,学習プリントを有効活用させる。
○ 対話的な学習の定着を目指し,『学び合い』のルールを身につけさせる。

 

《技術・家庭》

〇『学び合い』活動を通して,基礎・基本の定着をはかるとともに製作活動では生徒の主体的な学びを促す手だてを工夫する。
○社会生活に目を向け,生活に生かすことのできる実践的・体験的な学習活動を中心とした題材の設定を行う。

 

 

《外国語》

○実践的コミュニケーション能力の基礎を養い,『学び合い』を取り入れることで、意欲的に英語でコミュニケーションを図り、主体的に学習に取り組む態度を育てる。
○基礎・基本を定着させ,パフォーマンス活動を通して話すことや書くことなど、生徒の自己表現力を高める。
○言語や文化に対する知識や技能の習得を目指す。

 

 

 

《特別の教科道徳》

○対話と振り返りの時間を基に、生徒の「思考力」を高める。
➜ 対話と自己の見つめ・振り返りの時間を基盤とし,生徒が自らの道徳的価値を基に活発に意見を交わし合い,実生活における道徳的実践に生きるための道徳的思考力・判断力を高める。

○問題解決的な道徳の時間の理解と実践を図る。
【問題の発見・把握➜自己判断➜他者との交流➜再考】
○道徳の時間の積み上げ・振り返り・評価のため、「学びの履歴」を使う。
○対話のベースとなる言語活動を、全教科共通で進めていく。

 

 

《総合的な学習の時間の取組》

【1年】
○ 学習テーマを、「郷土(ふるさと)佐賀」に設定し、個人やグループ単位で広く情報を収集するなどの探求活動を行い、その成果を発表する。
○ 自分の進路を考えるために、個性や学ぶこと、働くこと、人との関わりなどについて理解する。
【2年】
○ 職場体験学習とその発表により,体験の共有化を図る。
○ 個人やグループで学習テーマを設定し,地域社会で働く人々との交流や職場及びそれを取り巻く環境への探究活動を通して,自分を取り巻く環境についての理解を深める。【3年】
○ 環境や国際理解について個人テーマを設定し,あらゆる手段を駆使して情報を収集し,さまざま機会(文化発表会等)にその成果を発表する。
○ 自分の社会貢献のありかたについて考える。

 

 

《特別活動の取組》

○学級や学校における生活をよりよくするため,生徒自身が課題を見出し,話し合い活動を通して,よりよい合意形成ができるように,学級活動の充実を図る。
〇生徒会活動や学校行事等に関して,学級討議を活発にし,集団生活の向上を図ろうとする態度を育てる。
○小中連携のもと,小学校の経験を生かす。
○生徒の実行委員を中心とした文化発表会を企画し,リーダー性や自主性の育成を図る。

 

《キャリア教育の取組》

○学校教育活動の全体を通して学年の発達段階に応じた焦点化・重点化を図りながら次の4つの力の育成を図る。その際、自身の変容や成長を「キャリアパスポート」に記入させ、自己評価させる。
・人間関係形成・社会形成能力……他人の考えや立場を理解し、自分の置かれている状況に鑑み他者と協力・協働して社会参画し、今後の社会を積極的に形成する力
・自己理解・自己管理能力……自分が「できること」「意義を感じること」について社会の関係を保ちつつ主体的に行動し、自己の成長のために進んで学ぼうとする力
・課題対応能力……仕事をするうえでのさまざまな課題を発見・分析し、適切な計画を立ててその課題を処理し、解決する力
・キャリアプランニング能力……「働くこと」の意義を理解し、自らが果たすべき様々な立場や役割を踏まえて、生き方に関する情報を適切に活用しながら主体的にキャリア形成していく力*なお、コロナ禍において、体験を伴う教育活動が制限される場合は、同等の効果を得られるよう、遠隔授業などに積極的に取り組むこととする。

 

 

《環境教育の取組》

○環境ISO推進部との連携をはかりながら、SDGsの視点を持って生徒会活動を活発化させる。
○学校東側の水路の濾過活動を中心とした環境保全活動を行う。
○川の濾過に用いたカイロの2次リサイクルとして、校内で集めた落ち葉などと混ぜ、腐葉土をつくる。
○腐葉土を用いて、花や野菜を育て、フリースクールや文化発表会で配布することでしたり、地球温暖化防止のための活動について内外に情報発信をしたりして、地域との連携を図る。○ペットボトルキャップやアルミ缶(プルタブ)の回収とリサイクル活動や割りばしの削減に取り組む。
○これらの一連の脱炭素リサイクル活動を、持続可能な社会の実現に向けて学校でできる活動としてSDGsの視点をもって取り組むことを通して、全生徒・職員の環境への意識を高める。

 

《読書指導の取組》

○朝読書の取り組みによって,読書活動がさらに充実するように努める。また,朝読書の実施により,生徒に落ち着いた一日のスタートをきらせる。
○生徒会の図書委員会と連携して,毎月「図書館だより」を発行する。その中で,本に関する情報を紹介し,読書意欲や図書館利用に対する意欲を高める。また、定期的に生徒や教員によるお勧めの本の紹介などを行い、活字に対する興味を喚起し,読書好きの生徒を育てる。

 

 

 

《食に関する教育の取組》

○特別活動や教科等の授業において生活の中で、食事が果たす役割や健康との関わりを理解し、自ら健康の保持増進を図ろうとする態度を育てる。
○生徒会活動において、給食時間の準備や片付け、マナー等を呼びかけ、食事のマナーや食事を通じて、人間関係形成能力を身につけさせる。

 

 

《教育課題への対応》

○教室に登校している生徒が学級の中で自己肯定感や自己存在感を感じられる学級経営を行い、日頃の対話やつぶやきノート、サクセスカレンダーへの記入を通して一人一人となどで生徒の心とつながり、生徒の心に寄り添う。

○不登校傾向の生徒、不登校の生徒について教員間や関係機関と情報共有を行い、家庭と連携して、学校に行かないという選択をしている生徒を否定することなく、未来を開くことができるようなサポートを行う。

 

 

(1)年間授業日数配当表
  4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 合計
1年 15 18 22 14 1 21 22 20 19 15 18 18 203
2年 18 18 22 14 1 21 22 20 19 15 18 18 206
3年 18 18 22 14 1 21 22 20 19 19 18 5 193

 

 

必修教科・道徳・特別活動・総合的な学習の時間等の年間授業時間数配当表
    1 2 3
必修教科 国語 124 127 97
書写 20 20 10
社会 112 112 142
数学 144 114 143
理科 113 147 142
音楽 47 36 36
美術 47 36 36
保体 110 114 106
技家 76 79 37
外国語 147 149 143
道徳 35 38 36
総合的な学習の時間 59 71 70
特別活動 52 54 45
総時数 1086 1097 1043
生徒会活動 1 1 1
学校行事 30 31 40
その他 0 0 0
総計 1117 1129 1084

 

 

 

週時間割
 

8:05 

 

8:30

朝読書

朝の会

①全校朝会

②生徒朝会

③学年朝会

④全校集会

朝読書

朝の会

朝読書

朝の会

朝読書

朝の会

職員朝会

8:40

 

9:30

 

生徒指導委員会

 

 

研究推進委員会

9:40

 

10:30

運営委員会

 

 

 

 

10:40

 

11:30

 

 

 

 

 

11:40

 

12:30

 

 

 

教育相談委員会

 

昼食・昼休み

13:30

 

14:20

 

 

 

 

 

14:30

 

15:20

 

 

 

 

 

16:00 部活動

部活動

放課後学習会

放課後学習会

定時退勤日

部活動 部活動
   

 

①生徒指導協議会

②校内研究会

③校内研修会

④職員会議

⑤学年部会等

   

 

 

 

 

 


Page
TOP