学校沿革

学校沿革

 

大正13年

10月23日  

盲唖教授所及び、佐賀盲学院を合併。
私立佐賀盲唖学校とする。

大正14年

6月10日

文部省から設立許可。

(初等科6ヵ年、中等部鍼按科4ヵ年)

昭和 9年 4月

佐賀県に移管。佐賀県立盲唖学校と

改称、同時に学則改正の認可を受ける

昭和20年 8月

空襲により全校舎備品、書類焼失。

龍谷中学校の校舎借用により授業開始。

水ヶ江校舎(S.5撮影)
昭和22年 4月 学校教育法公布。
新学制により盲ろう分離独立。
佐賀県立盲学校と改称。
昭和23年 4月

盲学校の義務制実施。
小学部(6ケ年)、中学部(3ケ年)、

高等部(3ケ年)を設置。

昭和27年 8月 理療師養成学校として認可
昭和28年 4月

高等部専攻科及び別科を設置。

修業年限2ケ年定員各15名。

多布施校舎(S.25頃撮影)
昭和44年 6月 寄宿舎移転改築(現在地)。
昭和47年 4月 小学部重複学級設置。
昭和48年 4月 中学部重複学級設置。
 

高等部教育課程改訂に伴い、普通科、

保健理療科設置
(48.4.入学生より)。

昭和51年 4月 専攻科理療科(新課程3ケ年)設置認可。 中折校舎(S.29撮影)
昭和54年 3月

新校舎完成。全校移転。

(現福祉センター所在地より現在地へ)

昭和58年 4月 幼稚部設置認可。
平成 2年 4月 「あ・は・き法」改正に伴う
本科保健理療科、専攻科理療科を設置。
平成10年 4月  高等部に重複学級設置。 新校舎の建築(S.53撮影)
平成16年 9月 創立80周年記念式典  

 

平成17年  8 月

管理棟屋上防水改修工事

 

平成17年  10 月

第1回 学校公開開催 以降毎年開催

 

平成18年  2 月

特別教室棟アスベスト対策工事

 

平成22年  1 月

第51回 弱視教育研究会全国大会

                                     佐賀大会開催

 

   

  佐賀県立盲学校は令和6年度に創立100周年を迎えます。


Page
TOP