学校長あいさつ

 

 

『温もりのある春日っ子』をめざして!!   佐賀市立春日小学校 校長 永瀬 一裕

 

 佐賀市立春日小学校長2年目を迎えました。どうぞよろしくお願いいたします。

 新型コロナウィルス感染防止に留意しながらの新学期となりました。4月10日に80名の新入生を迎え、令和2年度は、総勢520名の子どもたちと教職員数42名でスタートすることになりました。

 今年度の学校目標も、「自分から 「か」んがえ 「す」なおに 「が」んばる春日っ子の育成~温もり~」です。

 「 啐啄同時」の精神で春日っ子を見守 り、すべての春日っ子が安全に、安心して生き生きと活動する『温もりを感じる春日小学校』を創っていきたいと思います。そして、家庭、学校、地域が手をつなぎ、人とのかかわりを大切にす る 教育活動を展開しな がら、心も身体も『温もりのある春日っ子』を育んでいきたいと考えます。また、始業式で春日っ子には次のキーワードを示しています。「チャレンジ」「気づき、考え、行動、自分から」、そして、「〝本気”でやるときはやる!」の3つです。今年はさらなるステップアップを目指し、いつでも、どこでも、何事にも失敗を恐れず、前向きにチャレンジする、本気で自分から行動する春日っ子を目指してほしいと思います。

 『温もりを感じる春日小学校』を創り、『温もりのある春日っ子』を育んでいくためには、学校だけでなく、家庭、地域の方々と共に協働していくことが不可欠と思います。 『家庭でしつけ、学校でまなび、地域で育てる」を合言葉に、家庭、 地域の方々のご支援やお力添え をよろしくお願いいたします。   

 なお、学校教育目標、目指す子どもの姿等は以下のとおりです。

 

 

 


Page
TOP