学校概要

 

 

~知的障害児童生徒と肢体不自由児童生徒とが共に学べる特別支援学校~

 

1.沿革

 平成13年4月に佐賀県立北部養護学校として開校し、平成23年4月の佐賀県立唐津特別支援学校への校名変更を経て、現在に至っています。小学部・中学部・高等部(普通科)が置かれ、知的障害や肢体不自由を有する児童生徒が共に学ぶことのできる特別支援学校です。

   詳細な沿革についてはこちらを参照

 

2.校訓および学校教育目標

●明るく元気に    ●心豊かに    ●たくましく

児童生徒一人一人に応じた教育活動をとおして、子どもたちの持つ可能性をできる限り広げ 、 校訓に謳っている「明るく元気に生きる力」「心豊かに生活する力」「たくましく自立し社会に参加する力」を 育むとともに、他人を思いやることのできる児童生徒を育成する。

 

3.学校経営ビジョン

● 子どもが今日の学校生活に満足し、明日の学校生活を期待することができる学校を作る。

● 子どもが今日の学校生活を「自分から」「自分で」取り組み、「やりがい」「手ごたえ」を感じ、「精一杯」「存分に」活動し、「充実感」「満足感」に浸ることができる学校をつくる。

 

4.校舎配置図

 

5.児童生徒数

 

小学部

中学部

高等部

合計

知的障害

29( 9)

26( 6)

47( 9)

102(24)

肢体不自由

12( 4)

8( 4)

8( 5)

28(13)

訪問教育

0( 0)

0( 0)

2( 1)

2( 1)

合 計

41(13)

34(10)

57(15)

132(38)

 令和3年5月1日現在  ※( )の数字は学級数(クラス数)

 

6.職員数

宿

合計

1

1

1

1

31

24

37

4

1

2

23

7

4

2

3

142

 令和3年5月1日現在 ※ 職員数は育児休業や代替の職員等を含む

 


Page
TOP