• homeHOME >
  • 学校紹介

学校長あいさつ

 

神埼市立神埼中学校
校長 久保  和彦

 

 神埼市立神埼中学校の第27代校長の久保和彦です。本校3年目になりました。今年で最後の1年となりました。どうぞよろしくお願いします。
 本校の学校目標は、開校以来63年間変わらず、「純美にしてファイトに富む学校」です。今年度は、サブテーマとして~生きる力を身につけ、自ら未来を切り拓く生徒の育成~としました。
 また、本校は、文化面や体育面、学習面でも大きな成果を生んできた伝統ある学校です。その陰には、多くの先輩方の生徒への教育愛や保護者や地域の期待に対する使命感や努力があっての賜だと強く感じております。
 今年度の目指す学校像は、
 ○ 豊かな人間性を育む学校
 ○ 活気のある学校
 〇 明るく清潔な学校
 ○ 礼儀正しく、秩序のある学校
 ○ 家庭や地域社会に開かれた学校
 ○ 夢や希望を育み、活力に満ちた学校です。
 このような学校にするために、今年度も、昨年同様「神埼中学生の対応(略して神対応)」の徹底を更に図りたいと思います。

今年度目標「究極の神対応」
<神対応1 時を守る>
 時を守るとは、相手を尊重することです。それにより自分が信用してもらえます。実践して欲しいことは、全ての予定時間の5分前に姿勢を正し、心を静め、開始を待つことです。
<神対応2 場を清める>
 場を清めるとは、掃除をすることです。掃除をすることで、気づく人になれます。心が磨けます。謙虚になれます。感動の心が育ちます。感謝の心が芽生えます。実践して欲しいことは、足下のゴミを拾うこと、無言清掃に熱心に取り組むことです。
<神対応3 礼を正す>
 礼を正すとは、挨拶をすることです。元気な返事をすることです。そのことで人間関係が良くなります。実践して欲しいことは、相手が聞こえるような声で元気よく挨拶や返事をすることです。
 今年度の重点項目は①授業力の強化による学力向上②心の教育の実践(道徳の授業の充実)③生徒会活動の活性化と生き方教育の充実です。全職員一丸となって取り組んでいこうと考えています。
 最後の1年悔いの無いように、精一杯先生方と共に子ども達の生きる力を育む教育を実践したい、と思っています。
 そして、生徒が学校に行きたいと思い、保護者の皆様が通わせたいと考え、地域が学校を誇りと感じ、教職員が勤めたいと思う神埼中学校を目指します。ご協力・ご支援をお願いします。

                                                                                                       令和2年4月1日


Page
TOP