校長室から

ふるさとの魅力を発見・発信し、次代を生き抜く児童生徒の育成

-地域の特性を生かした主体的・対話的取り組みを通して-

 

                                                                    唐津市立加唐小中学校 校長 井上 英史

     

 本校は、玄界灘に浮かぶ佐賀県最北端の周囲12km、面積2.8k㎡の加唐島にある極小規模校です。加唐島の西方約2kmに周囲4km、面積0.63k㎡の松島があり、こちらにも分校がありますが、現在はまとまった数の就学年齢の児童生徒数がいないため休校となっています。

 地域や保護者の皆様の学校教育に対する関心や期待は大変高く、学校行事や育友会行事には島民を挙げての協力や支援があります。昔ながらのコミュニティが継承されており、地域が子どもを育てる雰囲気があります。そのため、子どもたちはみんな素朴で礼儀正しく、生き生きと活動しています。

 令和元年度の児童生徒は、昨年度の4名から,小学校へ新一年生として入学してきた男子児童1名(松島在住でスクールボートで通学),そして今年度職員とともに転入してきた中学3年生の女子1名を加え、小学生4名、中学生2名の計6名になりました。

 「五感をつかった体験は生涯記憶に残る!」との信念から,標記の学校教育目標を掲げ,日々,多くの体験活動を行いながら,次代を生き抜くスキルを身に付けることに努めています。

 学力については、少人数のために複数の教師が授業を展開することも多く、ICT機器を活用した授業を積極的に取り入れ、児童生徒の関心・意欲を高める工夫も行っています。そのため基礎・基本的内容は定着しており、学力は常に高いレベルで維持できています。

 平成30・31年度は、国立教育政策研究所における教育課程研究(へき地教育)及び佐賀県教育課程研究(へき地教育)に指定されており、テレビ会議システムを更に活用し、他校との交流を通して、こどもたちのコミュニケーション力や思考力・判断力・表現力の向上を図り、21世紀に生きぬく子どもたちに必要な「学ぼうとする力」「学ぶ力」「学んだ力」の育成を目指していきたいと考えています。

 令和元年度、常勤の教職員は、校長1名(中学校長が小学校長を兼務),小中教頭各1名,小学校職員2名、中学校職員4名,事務職員1名,養護助教諭1名,用務員1名、給食調理員2名の計14名です。


Page
TOP