校内研究

令和2年度佐賀市立東与賀中学校研究計画の概要

 

1 研究主題名

  持続可能な開発目標を意識した教育活動の研究 

 

2 研究主題設定の趣旨

 東与賀町は、佐賀県東南部、佐賀市南部の有明海沿岸に位置し、南方に雲仙岳を遠望することができる。大正初期に南部地先に200ha、昭和14~15年に約350ha、更に昭和36年に南西部地先に約50haの干拓が完成し、耕地面積約1,100haの農耕水田地帯となっている。

 町域の大半が江戸時代から第二次世界大戦後まで続けられた干拓によって造成された土地で、最高点でも海抜2.8mしかない低平地であり、起伏がほとんどない地形である。恵まれた自然条件により、米麦、野菜、施設園芸を中心とした農業や、海苔養殖、網漁業、干潟漁業等の水産業を中心に発展してきた町である。平成19年10月1日の市町合併により、佐賀郡東与賀町から佐賀市東与賀町となった。平成27年5月に、東よか干潟がラムサール条約登録湿地となり、地元では干潟の環境保全への気運が高まっている。

 また、教育への関心が高い地域であり、生活様式の都市化傾向が強まると共に、文化、教養面への関心が高まり、公民館を中心として成人教育、子どもクラブ、老人クラブ等の活動が盛んになっている。教育上特に配慮すべき点としては、新興住宅が多く建ち在来住民と転入住民との混在現象が濃くなり、保護者の価値観や期待感、家庭の教育力などにも大きな差異が見られるため、生徒への指導にあたって考慮する必要がある。さらに、生徒の転出入が少なく、義務教育の9年間ほとんど同じ人間関係で学習している。

 そこで佐賀県教育委員会が推進する「持続可能な開発目標(SDGs)」sが掲げる目標4「すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。」の中に記載されているターゲット4.7「持続可能な開発のための教育(ESD)」及び本校区の地理的特徴に関連した目標14「持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。」の理念を踏まえて、SDGsを意識した教育活動を展開したい。

 

3 研究組織

 

4 研究内容

(1)持続可能な開発目標とその達成に向けた教育についての理論研究を行う。

(2)各教科・領域の枠組みを越えて、持続可能な開発目標とのつながりを意識した授業づくりを研究し、実践する。

(3)新学習指導要領に基づいた授業実践を通して、持続可能な開発目標と学校教育との関連性や、新しい時代に求められる資質・能力の育成について研究する。

(4)持続可能という観点から、特に東よか干潟という地域特有の環境に着目し、地域の課題を自分事として考えられるような活動について研究し、実践する。

 

5 期待される成果

(1)持続可能な開発目標とその達成に向けた取り組みの重要性について、教員・生徒ともに理解を深めることができる。

(2)教科横断的な授業研究を行うことで、新たな視点での授業改善を行うことができる。

(3)地域の環境について考えることで、教員・生徒ともに身近な課題に目を向け、持続可能な開発目標の達成について自分事として考えることができる。

 

【校内研究関連資料】

下記の青字の部分をクリックすると、リンク先データを閲覧できます。データサイズに御注意ください。

◎佐賀市立東与賀中学校SDGsに係る校内研究の取組

○校内研究

令和2年2月14日に依頼を受け、研究を開始しました。主な取組を以下に掲載します。

 R2 0313 (HP用)Sustainable Development Goals→前年度3月の校内研究会で説明した資料です。

 

 R2 0403 (HP用)佐賀市立東与賀中学校校内研究(SDGs、学力向上)について→4月3日第1回校内研究のSDGs及び学力向上の研究に係る資料です。その他、8月に国立大学法人佐賀大学全学教育機構 教授 五十嵐 勉 氏による理論研修及び佐賀自然史研究会 会長 副島 和則 氏による東よか干潟の現地研修も行っています。

 R3 0208 令和2年度佐賀県研究指定校事業(SDGs)研究成果パンフレット令和2年度の研究概要をまとめたパンフレットです。

01令和2年度佐賀市立東与賀中学校 校内研究のまとめver.5(HP用 学力向上、SDGs統合版)→令和2年度校内研究(学力向上、SDGsの取組)のまとめです。

 

○特別活動

 R2 0509 東よか干潟ラムサールクラブについて→佐賀市が毎年募集している社会体験活動です。本校からも、数名参加しています。

 R2 0511 シチメンソウ祭りボランティアについて→今年度はコロナウイルス感染症予防で中止になりましたが、例年ガイドや運営のお手伝いをしています。

 R2 0528 (HP用圧縮)環境ISOキックオフ宣言2020→データサイズが2.3MBありますので、従量制の方は閲覧・ダウンロードに御注意ください。平成14年4月1日から佐賀市が取り組んでいる活動です。

 R2 0612 0914 (HP用圧縮)R2佐賀市中学校生徒会パワーアッププラン→平成20年度から佐賀市が取り組んでいる活動です。

 R2 0829 0803 生徒会環境部東よか干潟清掃ボランティア(STSアクトクリーン佐賀2020)→今年度から、本県テレビ局主催の活動に参加しています。

 R2 1001 東与賀中学校生徒会新聞No.8

 R2 1005 東与賀中学校10月図書館おたより(SDGs)

 R2 1110 (HP用圧縮)R2環境部(11月)→11月の生徒集会で、生徒会環境部が発表した資料です。

   R2 1121 (HP用)生徒会環境部東よか干潟清掃ボランティア11.21→過去にPTA父親委員会の類似の活動がありましたが、令和2年度の生徒会環境部長・副部長が、SDGs及び環境ISOに係る活動を行いたいと企画し、新たに始めました。

 R3 0122 生徒会新聞第2号ver.2 SDGs シチメンソウ種蒔き、1月活動目標→2年生に生徒会役員が交代しましたが、新旧生徒会役員協働でSDGsに係る取組を行っています。

 

○総合的な学習の時間

(1年生)

 R2 1005(HP用)1年干潟体験実施要領→例年、本校1年生が取り組んでいる学習です。

(2年生)

 R2 1005(HP用) 2年干潟ボランティア実施要領→令和2年度から本校2年生が始めた学習です。

 R2 1005 (HP用)2年「干潟ボランティア講話」実施要項→上記活動に伴い実施した事前学習です。

 R2 0923 【HP用圧縮2アニメーションなし資料】東よか干潟の環境保全20200923→2年生の干潟清掃ボランティア事前説明に佐賀市環境政策課から説明に来ていただいた時の資料です。禁無断転載・複製です。また、データサイズが4.8MBありますので、従量制の方は閲覧・ダウンロードに御注意ください。

(3年生)

 R3 0120 つながるさがし(つながる東与賀) SDGs 生徒作品展示→3年生の学習内容をパンフレット形式に再構成したものを東与賀公民館さんに展示させていただきました。

 R3 0125 SDGs 生徒作品展示 東与賀ひがさす写真→3年生の学習内容をパンフレット形式に再構成したものを、東与賀干潟ビジターセンターひがさすさん展示させていただきました。

 

◎佐賀市立東与賀中学校学力向上に係る研究

 R2 0403 (HP用)佐賀市立東与賀中学校校内研究(SDGs、学力向上)について→(再掲)令和2年度の校内研究の方針です。

 R2 佐賀市立東与賀中学校 指導案様式(略案)→令和2年度に4回行う校内提案授業研究会で用いる指導案の様式です。指導・助言者は、東部教育事務所 様から招聘しています。

 R2 (HP用)佐賀市立東与賀中学校 授業参観メモ→令和2年度の校内授業研究会で用いる個人用記録用紙です。

 R2 佐賀市立東与賀中学校校内研究年間計画5・12ver→令和2年度の校内研究の年間計画です。

 

◎佐賀市立東与賀中学校新学習指導要領学習評価の基本的な考え方について

 01 佐賀市立東与賀中学校 R2 1216新学習指導要領ver.3→本校作成校内研修資料

 02 国立教育政策研究所 学習評価の在り方ハンドブック(小・中学校編)gakushuhyouka_R010613-01 →国立教育政策研究所作成資料。データサイズが2.9MBありますので、従量制の方は閲覧・ダウンロードに御注意ください。

 03 NITSオンライン講座 新学習指導要領に対応した学習評価03 NITSオンライン講座 新学習指導要領に対応した学習評価→NITS作成資料。データサイズが5.3MBありますので、従量制の方は閲覧・ダウンロードに御注意ください。

 04 国立教育政策研究所 R2 03 外国語 「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料r020326_mid_gaikokg→国立教育政策研究所作成資料。データサイズが3.8MBありますので、従量制の方は閲覧・ダウンロードに御注意ください。

 05-1 文部科学省 参考3 中学校指導要録(参考様式1415206_2 (1)→文部科学省作成資料

 05-2 文部科学省 〔別紙4〕各教科等・各学年等の評価の観点等及びその趣旨(小学校及び特別支援学校小学部並びに中学校及1415196_4_1_2→文部科学省作成資料

 

◎佐賀市立東与賀中学校特別な教科 道徳の評価について

平成31(令和元)年度の校内研究で取り組んだ内容です。

R2 0313 H31佐賀市立東与賀中学校道徳評価についてver.1

 

 

 

 

 


Page
TOP