学校の概要

 

   学校紹介   

 

         
 

有田小学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 本校は明治4年「白川学校」として発足し、翌、5年に校舎を改築し「白川小学校」として開校されています。初代校長の江越禮太先生は20年近くの在職中、地場産業である焼き物を取り入れた「製陶の実習」を行ったり、明治21年には英語科を設置したりするなど先の時代を見越した積極的な教育を展開されていたとのことです。その後、幾多の変遷を経て、昭和22年学制の改革により現在の有田町立有田小学校となり、昭和46年に創立百周年記念式典、平成23年には創立百四十周年記念式典が挙行されており、脈々とその歴史と伝統が受け継がれ今日に至っています。

 また、平成29年の10月に町教育委員会より学校運営協議会の設置が指定され、コミュニティ・スクールとしての学校運営も始まりました。開校当初より、地域の方々の学校教育に対する期待と情熱は熱いものがあったと聞いていますが、現在も卒業生を始め多くの地元の方々、PTA・保護者の皆様が本校教育に対しての支援・協力を惜しまず、教育活動の充実のために献身的に取り組んでいただいています。

 このような歴史と伝統のある学校で、地域の皆様の熱い応援の下、「ふるさとを大切にする、たくましい有田っ子の育成」という本校教育目標の達成に向けて職員一同日々努力をしていきます。これまで同様、本校の教育活動につきまして、ご理解とご協力をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

   

                           (平成30年3月に新校舎になりました)


Page
TOP